法人ETCカードはクレジットカード会社発行が最強の理由

会社経営者や個人事業主の方が、仕事で車を利用する際に高速道路などの有料道路で利用する法人ETCカード。

高速道路を利用する事が多い会社の場合、領収書や利用証明書が貯まってしまったり、紛失してしまったりと、交通費の管理が面倒だと感じる方も少なくないと思います。

そこで、活躍するのが法人ETCカード!

法人ETCカードを利用することで一般のETCカードと利用明細が明確に分類されるので、経費処理がかなり楽になるので、作っておいて絶対損はありません。

現在会社を経営されている方はもちろん、これから会社を設立される方や個人事業主の方へ、法人ETCカードを持つメリット、またおすすめの法人ETCカードをご紹介させていただきます。

法人ETCカードは2種類ある

法人ETCカードの種類は大きく分けて2種類。

  • クレジットカード会社が発行する法人カードの追加カードとして発行する法人ETCカード
  • 高速道路会社が発行する法人ETCカード

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

クレジット会社発行の法人ETCカードとは?

ご存知の方も多いと思いますが、一般のETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されるのが主流。法人でも同様に、法人カードの追加カードとして法人ETCカードを発行することができます。

ETCレーンを通って利用した通行料金は、法人カードと同じ銀行口座から口座振替で指定日に引き落とされるの仕組みになっています。

法人カードは20種類以上、基本ほとんどの法人カードで法人ETCカードの発行は可能です。その場合、法人ETCカードの機能の違いはありません。

高速道路会社発行の法人ETCカードは審査なし!

高速道路会社発行の法人ETCカードとは、高速情報協同組合などの組合組織が発行する法人ETCカードの事。

高速道路会社が発行する法人ETCカードの場合、通行料金の決済手段は請求書。通行料金分の請求書が後日手元に届き、口座振り込みという流れとなります。

大きな特徴は、デポジット(保証金)がカード発行時に必要になるという事。

これは、通行料金の未払いを防ぐ為、法人ETCカード発行時にデポジット(保証金)と言われる出資金を支払い、通行料金が支払われなかった場合に、このデポジットから支払われる仕組みとなっているのです。

その代わり、法人カードのような審査がないので、法人カード審査に落ちてしまった場合でも、高速道路会社発行のものであれば法人ETCカードを持つ事が出来るのです。

クレジットカード会社発行と高速道路会社発行どっちの法人ETCカードがいい?

クレジット会社発行の法人ETCカードと高速道路会社発行の法人ETCカード、どちらを選べば会社にとっていいのでしょうか?

まずは、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

クレジットカード会社発行の法人ETCカードのメリット、デメリット

クレジットカード会社が発行する法人ETCカードは、法人カードとしてのメリットも兼ね備えているのでメリットが沢山!
法人ETCカードのメリット

  • 無料でETC法人カードを発行できるものがある。
  • 支払い期間が1ヶ月、2ヶ月後なので資金繰りがしやすい。
  • デポジット(保証金)が無い。
  • 親カードである法人カードのポイントが貯まる。
  • 追加カードが発行枚数無制限のものもある。
  • 法人カードには、旅行傷害保険、特典、サービスなどが付帯されている。
  • 法人カードは種類が豊富。
  • WEB管理画面で、どの法人ETCカードがいつ、どこで、いくら使ったのか管理ができる。

法人ETCカードのデメリット

  • 法人カード審査に通らなった場合、法人ETCカードを作ることが出来ない。

そうなんです。法人カードの審査に通らない限り、クレジットカード会社発行の法人ETCカードは手に入れる事は不可能!

法人カードの審査は、「法人としての信用情報」と「個人としての信用情報」の2つの審査基準があるので少し厳しめ…。

過去の返済履歴に少し不安がある、設立年数が短く、まだ会社の業績が出せていないという経営者の方の場合は、なるべく審査の通りやすい法人カードを選ぶようにしましょう。

高速道路会社発行の法人ETCカードメリット、デメリット</>h4>

高速道路会社の法人ETCカードのメリット

  • 法人カードのような審査はない。
  • 特別な割引がある。
  • クレジット機能がない。

高速道路会社が発行する法人ETCカードには、法人カードのような審査がないので、過去によほどの返済履歴がない限り審査は通るので安心です。

高速道路会社の法人ETCカードのデメリット

  • デポジット(保証金)が必要
  • 毎月、走行距離に応じた手数料5%~8%が手数料として発生する
  • 法人ETCカード1枚ごとに発行手数料、年会費がかかる

このように高速道路会社が発行する法人ETCカードには色々と費用がかかります。

特にデポジットの金額10,000円以上、さらに走行距離に応じた手数料の5%~8%というのはかなりの出費!

クレジットカード会社の法人カードの年会費よりも、多額の手数料が必要となる場合もあるのです。

法人ETCカードを作るならクレジット会社が発行の方が断然お得!

クレジットカード会社の法人ETCカードであれば発行手数料、年会費が完全無料で発行する事ができます。

また法人カードによってはポイントも貯まったり、海外旅行保険、優待、ビジネスサービスがあるなど何かとメリットが多いので、法人ETCカードを作るのであればクレジットカード会社が発行する法人ETCカードが絶対におすすめです。

高速道路会社の発行する法人ETCカードは、デポジット、走行距離に応じた5%~8%の手数料など、費用面でかなりの負担。率先してわざわざ作るほどではないと言えます。

法人ETCカードを選ぶ基準は親カードである法人カード次第!

先ほどもご説明させていただいた通り、法人ETCカード自体、機能の差はありません。

なので、法人ETCカードの発行手数料、年会費というのは親カードである法人カード次第で決まってきます

法人ETCカードが欲しい場合、法人カードをきちんと比較して選ぶ必要があるのです。

選ぶポイントは、親カードとなる法人カードの年会費やポイント還元率、サービス付帯などの特徴をきちんと比較する事が大切です。

また、法人ETCカードを追加カードとして発行する際の手数料や年会費、発行枚数もきちんと確認しましょう!

法人ETCカードを無料で作るならこの法人カード!

法人カードの追加カードで法人ETCカードを無料で発行できる、おすすめの法人カードを3つご紹介していきます!

JCB法人カード(一般カード)

JCB法人カードは年会費が初年度無料、次年度以降も1,250円(税抜)と格安で発行できる法人カード!

限度額設定は最大100万円まで可能、WEB明細、チケットレス国内出張、会計ソフトなどビジネスサービスの充実しバランスの良い法人カードで、追加する法人ETCカードの枚数も無制限で発行可能、年会費も無料となっています。

EX Gold for Biz

EX Gold for Bizは、個人事業主用の「S」、法人代表者用の「M」、2つの種類があり、経営スタイルによって選ぶことが出来る法人カードで法人ETCカードの発行手数料、年会費は無料!

個人事業主用のEX Gold for Biz Sはキャッシング機能が付いていますが追加カードは発行できず、法人ETCカードの追加枚数は1枚。

法人代表者用のEX Gold for Biz Mはキャッシング機能はありませんが、追加カードは最大3枚まで発行可能で法人ETCカードは各カード1枚ずつ発行できます。

ライフカードビジネスカード

ライフカードビジネスカードは、年会費が永年無料であるのが最大の特徴で、コストを最小限に抑えたい経営者の方や個人事業主の方におすすめです。

ポイントは貯まらないものの、法人ETCカードも年会費無料で発行できるため、完全に無料で法人ETCカードができます。

毎月の経費支出が多い経営者の方や個人事業主に人気の法人カードとなっています。

作るならクレジットカード会社発行の法人ETCカードがいい!

クレジットカード会社が発行する法人ETCカードにも、高速道路会社が発行する法人ETCカードにも、メリットとデメリットがあります。

しかし、クレジットカード会社が発行する法人ETCカードの方が、親カードである法人カードが持つ特典、サービスがうけられます。

年会費や発行手数料などが無料で発行されるなど、サービス面とコスト面はかなり充実しているので、法人ETCカードを作るのであれば、クレジットカード会社が発行する法人ETCカードがいいでしょう!

ただし、法人カードには審査があり、法人カードの審査が通らない場合は、審査がない高速道路会社発行の法人ETCカードしか選択肢がありません。

法人カードに何度もチャレンジしたけど審査に通らないようであれば、最終手段として高速道路会社発行の法人ETCカードで法人ETCカードを作る事をおすすめします。

投稿日:

Copyright© 絶対失敗しない!法人クレジットカードの選び方 , 2019 AllRights Reserved.