法人カードは年会費無料にこだわりすぎると絶対に損!

会社を立ち上げたばかりの時は、なぜか年会費無料の法人カードを探していませんか?

法人カードは欲しいけど、余計なコストは掛けられないという場合「年会費無料の法人カード」と言うのは、すごく魅力的に感じますよね。

僕も、会社を設立した当初、無駄なコストは掛けたくないと思い、年会費無料の法人カードを探していた時期がありました。

しかし僕は、年会費無料の法人カードをおすすめしません!

年会費が無料である事にこだわりすぎてしまうと、損をしてしまう可能性があるからです。

だからと言って、年会費の高い法人カードが良いという訳でも無いのですが…。

では一体、年会費無料の法人カードとは、どんな特徴があるのでしょうか?

本当に、長い目で見て年会費無料の法人カードは、自分の会社にとって、きちんとメリットがあるのでしょうか?

年会費無料の法人カードのデメリットとは?

年会費無料の法人カードを選ぶという考えは間違いではありません。

むしろ、無駄なコスト削減していくという事は会社を経営していく上で重要な事と言えます。

しかし、年会費無料だけにこだわってしまうと逆に損をしてしてしまう可能性だってあるんです。

そうならない為、年会費無料の法人カードを選ぶ前に、きちんとデメリットを知っておきましょう!

ポイント還元が無い、あっても還元率が低い

年会費無料である法人カードの多くは、年会費が無料の変わりに、ポイント還元が無い、あったとしても還元率が低いのです。

これは、絶対に損!

ビジネスで使う法人カードは、個人で所有するクレジットカードと比べ、利用額は大きいですよね。

例えば、年会費5,000円、ポイント還元率0.5%の法人カードで年間200万円を利用した場合、200万円の0.5%なので、年間10,000円分のポイントが貯まります。

そこから年会費を引いた分の5,000円。

そうです。年会費5,000円を支払ったとしても5,000円分、ポイントで得するんです。

クレジットカードで貯まったポイントを、金券やキャッシュバックなどと交換し、会社の費用として活用する事が出来ますよね。

年間利用する金額によっては、年会費無料でポイントが貯まらない法人カードより、年会費が発生する法人カードを選んだ方がお得になる事が多いのです。

付帯サービスや保険が充実していない

出張が多い場合、旅行傷害保険がきちんと付帯しているクレジットカードの方が安心ですよね?

年会費無料の法人カードの場合、付帯するサービス内容や保険がほとんど充実していません。

出張先で何かトラブルがあった場合、何も対応できないので、出張が多い経営者、個人事業主の方には、おすすめとは言えません。

また、ショッピング保険も付帯していない事も多いので、高い買い物や海外での買い物、ネットショッピングをする場合、何も補償してもらえないので、自分で返品、返金、交換などを調べ購入しなくてはいけません。

それでも年会費無料の法人カードが欲しい!

ポイントが無くてもいい!ちょっとくらいサービスや保険内容が貧弱でも構わない!最初は年会費がずっと無料の方が維持費もかからないで良い!

という方の為に、数少ない年会費無料の法人カードの中でも、おすすめできる年会費無料の法人カードをご紹介させていただきます。

ライフビジネスカードは完全年会費無料!

ライフカードビジネスは、年会費永年無料で追加カードもETCカードも年会費無料、無制限発行の完全年会費無料の法人カード。

年会費が無料である代わりに、ポイント還元、海外、国内旅行傷害保険やショッピング保険などが保険が付帯されていません。

しかし、利用限度額も最大500万円まで利用が可能だったり、分割払いやリボ払いなどの支払方法の選択肢が幅広いのが特徴です。

国際ブランドであるMasterCard、JCBからも選ぶことが出来ますが、Visaを選べばビジネスにも役立つ「Visaビジネスオファー」を利用できることが可能!

また、ライフカードビジネスの審査は限度額100万円以下であれば、決算書や確定申告書の利益を証明する書類の提出が必要ありません。

利益を証明する書類が不要なので、会社を立ち上げてまだ間のない経営者、個人事業主の方でも、比較的審査が通りやすい法人カードなんですね。

公式サイトはこちら

条件クリアで年会費無料の法人カード

ある一定の条件を満たせば年会費が無料になる法人カードもあります。

それが、P-one Business MasterCard!

P-one Business MasterCardは、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、伊藤忠商事、ファミリーマートの資本が入っているポケットカード株式会社は発行する法人カードです。

初年度は年会費無料、2年目以降の年会費は2,000円なのですが、1回でもクレジットカードを利用すれば次年度の年会費も無料となるので、実質年会費永年無料の法人カードなのです。

海外、国内旅行傷害保険の付帯は無いのですが、ポイントを貯めることができ、なんとその還元率は0.6%!

年会費無料の追加カードを最大5枚まで発行することが可能で、限度額、キャッシング限度額がそれぞれ最高300万円と他の法人カードの限度額と比較すると、かなり高め!

そして、P-one Business MasterCardはリボ払い、分割払いにも対応しているので、いざという時に安心して使うことが出来るんです。

使い方によっては、ライフカードビジネスよりも、コスパが良いかもしれませんね。

参考:P-one Business MasterCardを持つメリットは?審査は通りやすいの?

初年度年会費無料!年会費2,000円以下の法人カード

年会費無料がずっと無料という訳ではありませんが、初年度年会費無料の法人カードがあります。

ポイントの還元率にもよりますが、ポイントや付帯するサービス、保険内容を考えると僕は、年会費が発生する法人カードのが絶対いいと思います。

僕がおすすめのは、きちんとポイントと保険、サービスが充実しているこの2つの法人カード。

2年目以降年会費1,250円(税抜)
「JCB法人カード」

2年目以降年会費2000円(税抜)
「EX Gold for Biz」


例えば、年間利用額が250万円ある場合では、ポイント還元だけで、年会費の元を取れてしまうので、1ヵ月の利用金額が20万円以上であれば、ライフビジネスカードより、JCB法人カードを選んだ方がお得なんですね。

今話題のNTTグループカード

ちなみに今話題の、NTTが提供しているNTTグループカードも年会費が無料です。

普段からNTTをよく利用している人にとっては、お得なクレジットカードになっています。

NTTグループカードの種類は、NTTグループカードレギュラーと NTTグループカードゴールドの2つ。

それぞれ、MasterCard、Visaどちらかのブランドを選ぶことが出来ます。

年間利用額が100万円以上であれば、NTTグループカードゴールドの年会費5,000円(税抜)が無料。

そして、Web明細にすれば、年会費1,200円のNTTグループカードレギュラーが年会費無料になります。

NTTグループカードのポイントの仕組みは、NTTグループの通信料金から、

  • 月間の利用金額によって貰えるキャッシュバックの金額が変わるコース「おまとめキャッシュバックコース
  • 利用金額1,000円ごとに10ポイント貯まり、5,000ポイント貯まればボーナスで500ポイントがプレゼントされる「ポイント・プレゼントコース

の2つのコースから選べます。

また、NTTグループカードを利用する事で、「出光キャッシュバックシステム」というサービスを受けることができ、ガソリン代が2円/L~、最大20Lもガソリンが安くなります。出光をよく利用する場合にはお得ですね。

ポイントも、優待サービスも充実しているので、NTTグループを結構活用しているかも!という方には使いやすそうな年会費無料のクレジットカードと言えます。

とは言え、こちらのNTTグループカード、法人カードでは無いので、別におすすめではありません。笑

法人カードの分類で紹介されているサイトもあるのですが、法人カードではありませんのでご注意を!
参考:年会費無料のNTTグループカードを法人カードとして使うと得?

法人カードは年会費無料こだわりすぎると損!

無料って響き、やっぱり魅力的ですよね。

実は僕も、会社を設立した当初、なるべくコストをかけたくないと言う思いから、年会費無料の法人カードを探していました。

でも調べて比較していくうちに、年間利用額を想定して、年会費払ってでもポイント還元がある法人カードの方が得だという事に気づいたんです。

例えば、年会費40万円以上カードを利用する場合であれば年会費2,000円分の元は取れてしまいますからね。

年会費に掛かるコストばかりに気を取られていると、結果損をしてしまう可能性も考えられるので注意が必要です。

法人カード選びで重要なのは、自分の会社の財務状況に合わせ、適切な1枚を選ぶ事!

実際に想定される利用金額は年間どれくらいになるのかを、きちんと把握し法人カードを選んで下さいね。

投稿日:

Copyright© 絶対失敗しない!法人クレジットカードの選び方 , 2019 AllRights Reserved.