会社設立すぐにでも作れる!?法人カード審査とは?

法人カードを作る為には、クレジットカード会社の審査を通らなければなりません。

しかし、会社を立ち上げてまだ間もない場合、信用が薄く審査に落ちやすいと言われていますが、果たして、本当なのでしょうか?

一体、法人カードを発行するクレジットカード会社は、どんな審査基準を元に発行の可否を判断しているのでしょう?

そういった悩みにお応えすべく、法人カード審査基準、審査を通りやすくするポイント、会社設立年数が短くても審査に通りやすい法人カードをご紹介していきます。

法人カード審査の不安を一緒に取り除いていきましょう!

個人事業主の審査について詳しいページはコチラ!
個人事業主こそ絶対法人カードを持つべき!

法人カードの審査って個人より厳しいの?

法人カードの審査基準は、大きくわけて法人としての信用情報個人としての信用情報の2つ。

一般的に個人が所有するクレジットカードの審査より、法人カードの審査の方が厳しいと言われています。

では、2つの審査基準について、詳しく見てみましょう。

法人としての信用情報とは?

一般的な法人カード審査の目安は会社設立3年以上、2期連続黒字決算と言われています。

3年以上という設立年数は、会社がきちんと軌道に乗り、倒産せずに経営ができているかどうかをクレジカード会社が見る運営期間です。

設立年数は、あくまでも目安。

会社を立ち上げたばかりで、会社設立3年以上なら、確実に審査に通るという訳では無いのではありません。

最も、法人カード審査で重要と言われているのが、黒字決算である事。

会社は常に倒産の危険性があるので、クレジットカード会社は常にお金を回収できないかもしれないというリスクを抱えています。

個人で所有するクレジットカードに比べ、法人カードは利用する金額の大きさも違いますし、複数の従業員に持たせた場合、利用額がかなり高額になるので、きちんと支払えるのかという点が審査に大きく影響すると言われています。

クレジットカード会社側も、支払期日にきちんと払ってもらわないと困ってしまいますから、そこは慎重に審査するはずです。

よって、設立年数黒字決済、この2つの基準を満たしていれば法人カード審査に通りやすいと言えるでしょう。

個人としての信用情報とは?

法人名義であっても、個人事業主名義であっても契約者は代表者個人。

法人カード審査において、代表者個人がどんな人物であるのかと言うことをきちんと審査しているようです。

そこで、重要となってくるのが、クレジットヒストリーと呼ばれる、過去の返済履歴

もし、過去に金融事故の経験がある場合はCIC(信用情報機関)に返済記録が載ってしまいます。

そうなると審査を通るのは困難…。

返済履歴が原因で審査が通らなかった場合、個人情報の掲載期間が過ぎると言われている5年~10年待ち、再申し込みするしかありません。

きちんと審査に通るためには、法人カードの申し込みをする前に、過去の返済履歴が不安な方は、CICに直接確認しておきましょう!

会社設立1年未満は法人カード審査に通らない?

先ほどもご説明させていただいた通り、会社設立3年以上という設立年数は、あくまでも一般的な審査の目安。

会社設立年数が短いからと言って、法人カードを諦める必要は全くありません!

審査を通るには資本金がポイント!

資本金1円からでも会社立ち上げる事は可能です。

しかし、世間から見ると資本金1円の会社って少し信頼に欠ける印象がありますよね。

例えば、資本金は1円なのに法人カードで50,000円の買い物をしたとしましょう。

この場合、理論上返済は不可能なので、クレジットカード会社は、返済不可能と判断し、審査に通ることはできません。

しかし、会社設立1年未満でも、資本金1,000万円であれば返済能力があるという判断で審査に通る確率がグンと上がります。

資本金の設定方法は色々ですが、一般的には、3ヶ月から6ヶ月分の費用を考え資本金に設定するのが理想的と言われているようです。

会社設立1年未満でも審査に通りやすい法人カードはこのカード!

会社を設立してまだ間のない会社の経営者、個人事業主の方でも、口コミなどで審査を通ったと言う声が多い法人カードを2つご紹介します。

JCB法人カード


初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 1,250円(税抜)
追加カード年会費 / 1,250円(税抜)
ETCカード年会費 / 無料

JCB法人カードの審査基準については明確に公式で発表されてはいませんが、JCB法人カードの一般ランクであれば、審査基準はあまり高くないようです。

JCB法人カードは、年会費も負担が少なく、バランスの良く特典や付帯サービスも付帯されているので使いやすい人気の法人カードです。
JCBは日本国内シェア率ナンバーワン。なので、国内で利用してる際には、大半の店舗で利用可能です。

初年度年会費無料でお得にポイントが貯まるJCB法人カード!

オリコEx Gold for Biz


初年度年会費 / 無料
年会費 2年目以降 / 2,000円(税抜)
追加カード年会費 / 無料
ETCカード年会費 / 無料

オリコEx Gold for Bizはリーズナブルな年会費ながら、充実したゴールドランクの高いスペックを持ち、資金に余裕がなく、なるべく低コストで費用を抑えたいと思っている方に人気の法人カードです。

審査については、設立3年未満の小さな会社でもオリコEx Gold for Bizの審査を通ったという例も多いようです。

低年会費で高スペック!驚きのオリコ法人カード!

赤字決算でも法人カードの審査に通る!?

利益がきちんと出ていることが法人カード審査では、重要なポイント!

なんですが、赤字でも法人カード審査には通る可能性があるんです。

儲かっている会社は赤字決算が多い!?

稼いで、儲かっている会社であれば、「税金を払いたくない」という気持ちから、合法的に経費を大きくし、赤字決算にして税金を節税する会社も多いはず。

経費を大きくすると言うのは例えば

  • 取引先の接待の回数を増やす(会食、海外視察など)
  • 旅行がてら出張を多くする
  • オフィスをリフォームする
  • 必要な備品を買い換える(パソコンなど)
  • 広告を沢山うつ など

旅行、高額な買い物、高額な食事など、高額な支払い…。

そうです、クレジットカード会社的には、かなり超優良顧客!逃したくないはずなんですね。

赤字は赤字でも、節税の為に赤字決算にしている場合と、経営が上手くいっていない場合の2つに分かれます。

これは決算書を見れば、どっちなのかは簡単にわかりますし、クレジットカード会社も沢山の法人顧客を持っているので、見極めるられるはず。

なので、赤字決算だからといって、法人カードが作れない。とあきらめる必要は無いのです。

赤字決算でも審査が通りやすい外資系法人カード!

法人カード審査では、黒字決算である会社の方が審査の評価が高いでしょう。

しかし、節税目的で、赤字にしている会社の経営者はカードの利用額も高額になりやすい為、クレジットカード会社にとってかなりの優良顧客!

そこで、相性の良いのが外資系法人カード。

赤字決算であるかどうかという審査基準はそこまで高くないので、審査に通る可能性は高いようです。

外資系法人カードでも審査が通りやすいのは「アメックスビジネスカード」でしょう!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード



年会費 / 20,000円(税抜)
追加カード年会費 / 3,000円(税抜)
ETCカード年会費 / 無料(5枚まで)

年会費が今なら初年度無料!
※2019年9月1日~11月30日まで

アメックスビジネスカードは、限度額を低めに設定するなどしてカードを発行してくれるので、審査が通りやすいと口コミが多く、赤字決算でも審査が通ったという声が多い法人カードなんです。

年会費は少しお高めですが、ビジネスサポートはもちろん、海外、国内出張にも役に立つサービス、保険がかなり充実しているので、出張も多く、ビジネスの経営において、力を入れていきたいと考える、経営者の方にはおすすめの法人カードでしょう!

1度は持ちたい!?アメックスビジネスカード(法人カード)

法人カード審査に通る為の事前準備

会社設立年数が短くても、審査に通りやすいと言われる法人カードを選べば、法人カードを持てる可能性は十分にあるんです。

ではここで、審査を通る為にやっておいた方がいい事前準備を紹介していきましょう。

申し込むからには、絶対に審査を突破したいですからね!

固定電話を引く

固定電話が有り無しは、法人カード審査に大きな影響があると言われています。

固定電話を引くことによって、申込書の代表電話番号に固定電話の番号を書くことができます。

それにより、代表者以外にも複数の社員がいると思ってもらえたり、電話加入権を得ているという信用を生むことができるようです。

まだ、会社を設立したばかりで、携帯電話のみという方は、是非、固定電話を引くことをおすすめします。

先ほど、ご紹介させていただいた「JCB法人カード」は、固定電話があると審査に通りやすいと言われているようですよ!

会社のホームページを作る!

クレジットカード自分会社のホームページを持っていると言うのも法人カード審査を通る為には結構重要。

と言っても、そこまできっちりとしたホームページでなくても大丈夫です。

  • 仕事の実績
  • 会社概要
  • 所在地、お問い合わせフォーム など

簡単で良いので実際の会社として活動している証拠となるものを示すことが重要です。

法人カード審査をしている側が気にしているのは、架空会社として利用されていないか?という事。そういった疑問を持たれないように、会社のホームページを作る事も大切なのです。

会社設立年数で法人カードをあきらめるのはもったいない!

基本的に、クレジットカード会社の審査基準は非開示で、どのような基準で審査をしているのかはわかりません。

しかし、法人カードの審査基準と言われている「会社設立3年以上、2期連続黒字決算」を満たし、過去の返済履歴も特に問題なしであれば、問題なく法人カード審査に通ることが出来るでしょう。

でも、このまま「会社設立3年以上、2期連続黒字決算」という情報を信じて3年間も法人カードを作らないでいるは、非常にもったない!

審査基準が非開示であったとしても、クレジットカード会社によって審査で重視している事はそれぞれ。

会社設立1年未満の会社でも、法人カード審査が通ったという例も数多く存在するので、法人カードの申し込みにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

更新日:

Copyright© 絶対失敗しない!法人クレジットカードの選び方 , 2019 AllRights Reserved.